スポーツ心理学の研究領域

スポーツの適応と指導に関する研究課題

1競技力向上の方法と運動・スポーツへの適応の問題

例:動機付け、あがり、競技不安(本番力)

例2:運動のトレーニングの参加・継続などの問題(持続力)

心理療法的な問題

例:スポーツプログラムの開発・実践・評価の心理療法的な問題

例2:燃え尽き症候群、オーバートレーニングの問題

3集団心理学的な問題

例:チームワーク、リーダーシップ、コーチン

4人格形成の問題

例:スポーツに対する人格・態度・気分の変化の問題

 

  

スポーツの学習に関する研究課題

1個人的要因(年齢・性・知的能力・やる気・人格)の問題

2トレーニングの質や量の分析(全習法と分習法、個別学習と集団学習、強化学習、観察学習)

3動機付けを高めるためのトレーニング法やコーチング法

4スポーツに対する態度・自己概念など、運動者の認知の働き

5イメージトレーニングの効果的な利用法