「ゲームの父・横井軍平伝」牧野武文(角川書店)

「ゲームの父・横井軍平伝ー任天堂のDNAを創造した男」を読みました。

f:id:info_nagopi:20180909114521j:plain

いまでこそ任天堂はコンピュータゲームの第一人者として業界をトップリードする存在ではありますが、任天堂はもともとは花札などの玩具を発明して販売する会社でした。

横井軍平ゲームボーイなどを開発したエンジニア)は同志社大学の電子工学部を出ましたが、落ちこぼれであった彼はなぜか、花札を作る会社に入社します。それが当時の任天堂です。電子工学の知識を花札作りの会社で活かせるのか、はてまた、任天堂自体も何のために電子工学の学生を雇ったのかはなぜですが、これが奇跡的な大躍進を遂げることになります。

当時の仕事はまだアナログ的なおもちゃの発明ということでした。ウルトラハンドというおもちゃは横井の発明です。

f:id:info_nagopi:20180909113916p:plain

このあとも、横井は様々な玩具の発明をします。

その中で重要なキーワードが「枯れた技術の水平思考」と呼ばれるものです。

枯れた技術の水平思考とは、最先端の技術ではなく既に評価の定まった安い技術を使って今までにない新しい使い方を見つけるというものです。

横井は電子工学の大学を出て、玩具屋メーカーで開発に携わりそうした思考法が芽生えていったのかもしれません。何でもかんでもスペックばかりをあげることに熱心になって、遊びの本質を見失ってしまうのは、今ゲームの世界で真剣に取り扱われる問題です。ゲーム・マニアに迎合するあまりに、通常より難しいゲームをつくり、また特定のゲーム・マニアにしか売れないという現象です。

横井は遊びにもほんの少しの実用性があるといいと説きます。それが任天堂DSの「脳トレ」ブームやwii fitなどのダイエット器具の発明になったのかもしれません。

 

ゲームの父・横井軍平伝  任天堂のDNAを創造した男

ゲームの父・横井軍平伝 任天堂のDNAを創造した男